料金Fee

健康保険適用の手術・診療を中心に行っております。

健康保険適用した場合の料金の概算(体格や内容により多少変わります)

手術前

  1割負担 3割負担
診察・エコー検査 約1,000円 約2,500円
術前検査 (手術が必要となった場合に追加) 約1,000円 約3,000円

下肢静脈瘤の手術

  1割負担 3割負担
伏在静脈抜去術 (片脚) 約18,000円 約56,000円
血管内焼灼術 (片脚) 約16,000円 約48,000円
血管内焼灼術 (両脚) 約18,000円 約93,000円

高額療養費制度をご利用になれます

高額療養費制度とは、一ヶ月の間に医療機関や薬局で支払った額が一定額を超えた場合、超過分の金額を後から払い戻してもらえる制度です。
高額療養費制度では、所得に応じて、ご本人が支払う自己負担額の上限が定められております。

限度額適用認定証について

「限度額適用認定証」を手術時に準備していただけましたら、立替払いせずに済みます。
役所または健康保険組合等に申請して発行してもらうことができます。

手術後診察

  1割負担 3割負担
下肢静脈瘤 約3回診察します 約600円/回 約1,800円/回

自費診療

診断書はご希望の場合のみ発行致します。
弾性ストッキング 3,300円~4,000円
弾性包帯 約600円/本~約1,200円/本 状態によっては2~3本必要になります。
診断書 (当院フォーム) 3,000円
診断書 (生命保険用) 3,000円または5,000円

治療料金例

脚がだるくて疲れが取れないAさんのケース

妊娠時に静脈が目立っていたが出産後には改善。その後復職して立ち仕事を続けているうちに静脈が再び目立つようになり、年々増えてきている。夕方になるとむくみも伴うようになってきた。

  • 下肢表面に5ミリを超えるデコボコしたふくらみがある
  • 皮膚に色がつき始めている
  • 妊娠をきっかけに下肢静脈瘤が出始め、だんだん悪くなってきている

一目見て判るほど静脈瘤が大きくなっており、検査の結果、炎症を起こしていることも判りました。症状がひどくなっているため、弾性ストッキングや硬化療法では効果が不十分と判断し、下肢静脈瘤血管内焼灼術で手術を行うことにしました。
術後は翌日から仕事を行うことができ、5日後の診療でも経過は良好でした。また6週間後にもう一度診察をして治療は終了となりました。

かかった料金(健康保険が適用される3割負担の場合)

術前診察・エコー検査 約2,500円
術前検査 約3,000円
血管内焼灼術 (片脚) 約48,000円
術後診察×3回 約5,400円
合計 約58,900円

クレジットカードがご利用になれます

クレジットカードがご利用になれます

当院ではVISA、JCB、DC、UC、アメリカン・エキスプレス、ダイナーズクラブカードがご利用になれます。

予約・お問い合わせ

当院は原則予約制です。ご予約の際は予約フォームが便利です。
予約に空きがあれば当日受診も可能ですが、必ずお電話でのお問い合わせをお願いいたします。

予約・お問い合わせ

トップへ戻る
  1. HOME
  2. 料金